2013年6月16日日曜日

革新懇「講演会」に会場いっぱいの230人

9日、とかち館で渡辺治氏(一橋大学名誉教授)を迎えての講演会が開催されました。
主催は帯広、音更、幕別の革新懇。

昨年12月の総選挙で自民党が圧勝したのか、この圧勝を背景に誕生した第二次安倍政権が参院選までは「安全運転」と繰り返しつつ、「アベノミクス」を掲げて支持率を伸ばすにつれ、参院選を待たずに、原発維持、TPP交渉参加決定、さらに憲法「改正」までもちだし、私たちの暮らしは容易ならない事態に直面しています。

新たに広がっている保守層との共同や市民との運動、九条の会の力など、時間いっぱい語りました。
「力になった」「確信にしたい」と感想も。
著書のサインセールに長い列ができました。




■革新懇とは、政治革新の目標で、思想や信条をこえて、平和、民主主義、生活向上の3つの共同に取り組む、個人・団体。全国で450万が組織されています。